社協とは

メニュー

  • 社協の概要
  • 社協の組織
  • 社協の定款、規程
  • 社協の各種計画など
  • 社協の会費
  • 社会福祉士実習受入

情報コーナー

  • いわた社協だより
  • 災害時の対応
  • 申請要網・様式集
  • 収集物等の募集
  • 社協の両立支援
参加者募集! 社協よりお知らせ 安心介護のお手伝い

社協の会費

社協会費のご協力について

社協の地域福祉活動を支える財源は、地域のみなさんに会員としてご協力いただく会費や共同募金、寄付金、市や県の補助金・委託金が中心となっています。特に会費は全収入の7.4パーセントを占め、社協が民間団体としての特性を発揮した事業を実施するための貴重な自主財源です。

社協では、市内の全世帯に一般会員になっていただくことを目標とし、自治会をとおして各世帯にご協力をお願いしています。
また、賛助会員として企業や商店を経営される方、福祉団体、個人の皆様にもご協力をお願いしています。各地域の民生委員児童委員の皆様には、担当地域内の企業や商店への訪問募集にご協力いただいています。

なお、賛助会費は税法上の寄附金となり、個人の場合は所得税法第78条第2項第3号に規定する「寄附金控除」に該当し、法人の場合は法人税法第37条第3項及び第4項に規定する「寄附金の損金不算入」に該当します。

  • 一般会費【1世帯】・・・500円
  • 賛助会費【1口】・・・1,000円

磐田市社協会員会費規程

参考:所得税法第78条

居住者が、各年において、特定寄附金を支出した場合において、第一号に掲げる金額が第二号に掲げる金額を超えるときは、その超える金額を、その者のその年分の総所得金額、退職所得金額又は山林所得金額から控除する。

  • 一・・・その年中に支出した特定寄附金の額の合計額(当該合計額がその者のその10年分の総所得金額、退職所得金額又は山林所得金額の合計額の百分の四に相当する金額を超える場合には、当該百分の四十に相当する金額)
  • 二・・・二千円

社協会費収入(実績)

過去4年間の会費収入実績をお知らせいたします。
会費納入に対するご理解、ご協力、ありがとうございました。

(単位:円)

区分 24年度 25年度 26年度 27年度
一般会費 22,752,438 22,685,660 22,698,850 22,225,396
賛助会費 3,585,000 3,385,880 3,388,000 3,031,000
合計 26,342,438 26,071,540 26,086,850 25,256,396

社協会費を活用した主な事業(平成27年度)

1.地域福祉事業

  • 福祉活動事業(せいかつ応援倶楽部、地域福祉活動計画策定など)
  • 地区社協運営費補助事業
  • 人材育成事業(地域福祉講座、福祉委員活動費)
  • 地区社協事業(地区社協運営費補助、地域福祉推進地区会議補助)
  • 児童母子福祉事業(子育てサロン支援、子育て支援員派遣)
  • 地域高齢者サロン事業(高齢者サロンボランティア連絡会)
  • ふれあい広場事業(5地区のふれあい広場運営費)
  • 介護予防地域福祉活動事業(高齢者サロン指導員派遣、活動助成)

2.在宅福祉事業

  • 在宅障害者サロン事業(精神障害者サロン事業、障害児者ネットワークづくり)
  • 在宅療養機器貸与事業(車いす貸出)
  • 福祉車両貸し出し事業

3.ボランティアセンター活動事業

  • ボランティアセンター運営事業(ボランティアセンター運営費)
  • ボランティア団体支援・講座事業(各種ボランティア養成講座、保険加入費)

4.企画広報事業

  • 社会福祉大会(社会福祉功労者・団体表彰)
  • 広報公聴事業(社協だより発行)

5.法人運営事業

  • 理事会、評議員会、専門部会、専門委員会、法人運営費

 

 

 

ページトップへ