社協とは

メニュー

  • 社協の概要
  • 社協の組織
  • 社協の定款、規程
  • 社協の各種計画など
  • 社協の会費
  • 社会福祉士実習受入

情報コーナー

  • いわた社協だより
  • 災害時の対応
  • 申請要網・様式集
  • 収集物等の募集
  • 社協の両立支援
参加者募集! 社協よりお知らせ 安心介護のお手伝い

社協の各種計画など

地域福祉活動計画

第3次磐田市地域福祉計画・地域福祉活動計画が策定されました。期間は平成30年度から平成34年度の5ヵ年です。

地域福祉計画は、社会福祉法に基づいて市町村が策定し、地域福祉推進方針を示す行政計画です。磐田市の地域福祉計画は、市総合計画を最上位計画とし、保健福祉分野の個別計画と調和を図り、保健福祉分野の上位計画として位置づけられています。

一方、地域福祉活動計画は、社会福祉法人の市町村社会福祉協議会が策定する計画で、市民やボランティア団体、NPO、福祉事業者等が相互に協力して地域福祉を推進していくための活動目標を示した計画です。

2つの計画は、地域福祉の推進という共通の目的があります。磐田市では、市と社会福祉協議会が協働で一体的に策定し、一冊の計画書にまとめました。共通の基本理念として、「やさしさ ふれあい 支え合いのまちづくり ~地域共生社会の実現~」を掲げ、すべての市民が、家族や近所との温かな絆を築きながら、地域の一員としてのつながりを持ち、ともに支え合うことの大切さに気付いていただけるようにはたらきかけていきます。そして、制度や分野ごとの「縦割り」や、「支え手」「受け手」という関係を越えて、市民や地域の多様な主体が『我が事』として参画し、人と人、人と資源が世代や分野を越えて『丸ごと』つながることで、市民一人ひとりの暮らしと生きがい、地域をともに創っていくという『地域共生社会』の実現を目指していきます。

第3次磐田市地域福祉計画・地域福祉活動計画(本編)

第3次磐田市地域福祉計画・地域福祉活動計画(概要版)


経営改善計画

地域福祉課題と社協組織経営課題を解決するために全組織で総合的・計画的に取り組むことにより、地域福祉活動計画の効果的な推進を図ることを目的に策定した計画です。(実施期間:平成23年度~平成27年度まで5年間)

第2次経営改善計画

平成29年度事業報告・収支決算

平成29年度事業報告
平成29年度決算書  

平成30年度事業計画・収支予算

平成30年度事業計画
平成30年度予算書①    

 

ページトップへ