地域福祉ボランティア活動

メニュー

  • 地区社協地域福祉推進地区会議
  • 福祉委員
  • 高齢者の支援活動
  • 子育ての支援活動
  • 障がい児・者の支援活動
  • 日常生活自立支援事業
  • 社協の福祉教育
  • ボランティアセンター
  • ふれあい広場
  • 共同募金
  • 磐田市老人クラブ連合会

情報コーナー

  • いわた社協だより
  • 災害時の対応
  • 申請要網・様式集
  • 収集物等の募集
  • 社協の両立支援
参加者募集! 社協よりお知らせ 安心介護のお手伝い

共同募金

赤い羽根共同募金について

赤い羽根共同募金は福祉施設や団体等からの配分申請に基づき目標額を決定する計画募金です。今年度も自治会や地区社協、福祉施設などから助成申請があった他、社協の「ふれあい広場」、「児童遊び場整備事業」、「福祉団体活動助成事業」、「福祉教育事業」など、地域福祉推進のために活用されています。

 

赤い羽根共同募金の募集方法

磐田市共同募金委員会では下記のとおり募金活動を行いました。

  • 1.各自治会をとおしてお願いする戸別募金
  • 2.会社、商店などの事業所に協力をお願いする法人募金
  • 3.市内の駅やショッピングセンターなどで行う街頭募金
  • 4.市内小、中、高等学校による学校募金
  • 5.職場でご協力いただく職域募金 など

募金協力のお願いと前年度のご報告

 住民の皆さまのご協力により、毎年多額の寄付が寄せられ、磐田市内の福祉活動

に活用させていただいています。

 今年も10月1日~12月31日の期間で実施されますので、ご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

 

今年度の目標額や前年度のご報告は、下記のチラシをご覧ください。

H28募金チラシ

社協事業への配分内容

ふれあい広場

子どもから高齢者まで、障害をもつ方も誰もが楽しくふれあい、理解しあうことを目的に開催する交流イベントです。磐田・福田・竜洋・豊田・豊岡地区の5会場で8月から11月にかけて開催します。

福祉の心育成事業

市内保育園、幼稚園、小学校、中学校、高等学校の授業時間等に行われる福祉教育に対して助成を行います。

児童遊び場整備事業

自治会が管理する子どもの遊び場を整備するための費用を助成します。

福祉おたすけ用品整備事業

市内保育園、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、地域のサロン、福祉関係団体に対し貸出を行う、レクリエーション用品、福祉教育教材等を整備します。

 

福祉団体助成事業

市内の福祉団体の活動に対して助成を行います。

社協だより発行

年4回(6月、9月、12月、3月)に市内各戸へ情報をお届けします。

資料:共同募金とは

共同募金は、共同募金会が行う募金

共同募金は「社会福祉法」に基づき、共同募金会という民間の団体によって都道府県単位に行われる募金です。

募金でいただいたお金は、その都道府県内の民間社会福祉のために使われます。静岡県では社会福祉法人静岡県共同募金会が主体となり行っています。 磐田市共同募金委員会は、社会福祉法人静岡県共同募金会の支会として共同募金運動を推進し、事務局は磐田市社会福祉協議会内に設置しています。

共同募金は、民間の募金

共同募金は税金とは違います。

税金は法律や条例などにより同じ基準で公平に使われます。それに対して民間の募金は、それぞれの目的に沿った柔軟な使われ方ができるという特徴をもっています。そのため共同募金は、民間の特質である柔軟性、先駆性、開拓性、迅速性などを活かす資金として欠かすことのできないものとなっています。

共同募金は、民間の社会福祉事業や活動のために使われる募金

寄せられた募金は、静岡県内の民間社会福祉施設や団体、社会福祉協議会や身近な地域のさまざまな福祉活動に配分されます。配分は、公正を期して行われるため、磐田市でも市民代表の各分野から選出された委員による配分委員会で配分案をたて、計画的に配分されます。

共同募金は、計画募金

共同募金は、広く県内・市内の民間社会福祉施設や団体などに呼びかけ、配分申請のあった内容について、その必要性や緊急性などを十分に考慮して、配分計画をたて、その配分計画額を目標額として行う計画募金です。

ページトップへ